プロフィール

アロマベーネ

ホームページにご訪問くださり、ありがとうございます。

アロマベーネの川瀬裕子です。

 

アロマベーネの”ベーネ(bene)”とは、

イタリア語で「うまくいく、調子が良い」という意味です。

皆様の毎日が「うまくいく、調子がよい」となりますように、

との願いをこめて名づけました。

アロマテラピーはわたしたちのこころと体にやさしく寄り添います。

植物の香りの力によって皆様の毎日が笑顔でbeneとなりますよう願っています。


ご挨拶

私がアロマテラピーと出会ったのは50歳のときでした。

当時は会社員として猛烈に忙しい日々を送っていました。

好きで飛び込んだ自然療法の分野で責任ある仕事をまかされ、充実した毎日ではありましたが、管理職としての役割に悩んでもいました。

休みの日も仕事を持ち帰り、徹夜で仕事をするようなことが何年も続いたころ、体は限界をむかえ、朝目が覚めても起き上がれなくなっていました。

 

そんなときに出会ったのがアロマテラピーでした。 

ローズ精油を使ったトリートメントを受けたとき、ファーストタッチでセラピストの手が触れたとたんにそれまで張りつめていたものが、いっきにゆるむのを感じました。

その時の温かい手の感触を今でも覚えています。

ローズ精油の香りと手から伝わる優しさが、こころと身体の深いところに、しみわたっていくようでした。

 

精油をつかったトリートメントは、それまで受けた他の施術とは全く違いました。

その時に「生き方を変えなさい」と言われたように感じました。

もっとシンプルに生きればいいのだと、ローズの精油に教えられたのです。

 

このときの体験をきっかけに会社を辞めて、アロマテラピーについて学び始めました。

アロマテラピーを学ぶことは楽しくて、香りを扱っているときは無心になります。

心をこめて行うトリートメント(アロママッサージ)は、人の優しさを肌で感じます。

アロマテラピーに出会ったことで、当時が嘘のようにくよくよ悩むことがなくなりました。

 

アロマテラピーは自分で学ぶことで、その恩恵を最大限に受け取ることができます。

精油の働きがわかると毎日のスキンケアや日常のちょっとした不調に対応できるようになるからです。

医療ではないアロマテラピーは、薬のように専門家に処方してもらうことができません。

セラピストの手によるトリートメントは、すばらしいものですが、精油について自分で学ぶことで使用できる範囲が広がるのです。

 

セルフケアを通じ、自分に関心をもち、自分のことを深く感じることにも繋がり、こころと体の状態を自分でうまくコントロールできるようになっていきます。

 

アロマテラピーを実践することは、自分の気持ちに正直になり、自分をいたわることでもあります。

スクールでのレッスンを通じて、アロマテラピーがある幸せを多くの方にお届けしたいと願っています。

 

ご縁があって出会う皆様とともによりよい自分に成長していき、アロマテラピーによって一人でも多くの方に笑顔になっていただくのがアロマベーネの願いです。

 

アロマベーネ 

川瀬裕子

 

プロフィール

公益社団法人 日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター
公益社団法人 日本アロマ環境協会認定アロマセラピスト
ナード・アロマテラピー協会認定 アロマ・インストラクター
BMS Massage Therapy School Level 2 修了
エフェクティブタッチ®認定ボディセラピスト
エフェクティブタッチ®認定フェイシャルセラピスト
エフェクティブタッチ®認定インストラクター(ベーシック)
アロマ・フランス コレッジ クレイテラピスト

介護職員初任者研修終了